品質管理

HACCP取得への取り組み

農場HACCP認証書
GPセンターHACCP

養鶏を取り巻く昨今の環境は、気候変動や消費者層の多様化などとともに刻一刻と変化しています。ヒラノは安心安全で美味しい卵をお届けするため、農場HACCPを取得しています。「美味しい卵をつくる」という根本理念に基づいた安心基準は、創業当時より受け継がれています。また、GPセンターHACCP認証の取得についても取り組んでおります。

サルモネラ対策について

サルモネラ対策について

雛から

ふ化した直後の雛の腸内は無菌の状態で、サルモネラ等の有害菌が侵入する心配があります。このため孵化場に依頼し、雛の腸内を善玉菌で占拠させるためのCE剤を投与しています。

管理

サルモネラ検査は毎月1回、自社検査室にて、最も汚染の可能性が高い塵埃と、製品卵についての検査を実施しています。SEをはじめST、SIといった食中毒の原因となるサルモネラについて平成8年より連続して陰性です。

飼料まで

自然界の有用微生物を餌付けからオールアウトまで連続投与しています。サルモネラを浄化する作用の強い枯草菌を大手食品会社とタイアップして全飼料(雛・成鶏)に連続投与しています。
全農場を枯草菌(納豆菌属)で覆ってしまい悪玉菌を寄せつけないためです。

GPでは

食中毒を起こすサルモネラでSEはIN EGG(卵内)汚染すると言われています。他のSIといったサルモネラは卵殻気孔から侵入するON EGG汚染です。産卵後の早い時間に卵殻表面を消毒すればON EGG汚染は完全に防止できることが明らかになっています。インライン方式の当社では産卵後全鶏卵に紫外線を利用して殺菌処理する装置を設置しています(紫外線殺菌装置)。

卵の豆知識