会社概要

会社名 株式会社平野養鶏場
代表者 代表取締役社長 平野徹
資本金 1,000万円
設立 昭和42年2月21日
従業員 100名
敷地面積 16万平方メートル
本社 〒811-1312 福岡市南区横手南町8番32号
農場 福島本場  福岡県朝倉郡筑前町東小田793
安野分場  福岡県朝倉郡筑前町安野
安野育成場 福岡県朝倉郡筑前町安野
昭和育成場 福岡県朝倉郡筑前町東小田
勝山育成場 福岡県朝倉郡筑前町三並

ヒラノの歩み

昭和25年 創業者平野泰三が30羽の鶏を福岡市南区の自宅(現本社)で飼い始める
昭和36年 羽数も増え手狭となったことから朝倉郡夜須町(現筑前町)に農場と業務機能を移転
昭和42年 株式会社平野養鶏場設立
初代代表取締役社長に平野泰三が就任
昭和45年 鶏舎の改造、新設を繰り返し、設備を大型化
昭和49年 高床式ウインドレス鶏舎導入(以後20年かけて成鶏舎15棟、育雛舎5棟建設)
昭和54年 本場集卵場完成
昭和55年 鶏糞処理工場完成
ヒラノのペレット鶏糞販売開始
昭和60年 安野集卵場完成
平成07年 本場集卵場を増改築し、本場GPセンターとして稼働開始
直接販売開始とともに輝黄卵ブランドを立ち上げる
平成08年 安野集卵場を増改築し、安野GPセンターとして稼働開始
量産・量販体制を確立
平成24年 2代目代表取締役社長に平野徹が就任
平成28年 福島本場内に品質管理検査室設置
平成29年 本場と安野のGP機能を集約し、福島本場内にGPセンターを新設

ご挨拶

鶏が健康であってこそおいしい卵を産む、という考えは、創業当時から受け継いできたヒラノの卵づくりの根本理念です。その理念のもと、飼料にこだわり、環境にこだわり、おいしい卵づくりに取り組んでまいりました。

「ヒラノのタマゴはおいしい!」

このお客様の声こそ私たちの喜びです。これからも「ヒラノのタマゴは、おいしい」と言っていただけるように、環境、自然との調和を図りながら、日々の生産活動に取り組んでまいります。

私たちがおいしい卵をお届けいたします。

代表取締役社長 平野 徹

代表取締役社長 平野 徹